アジア遊学 特集:現代日本をめぐる国際移動

アジア遊学 現代日本をめぐる国際移動

Add: egeby13 - Date: 2020-12-08 17:19:53 - Views: 4460 - Clicks: 5316

03 【語学研究所 luncheon linguistics】. 掲載誌名:「アジア遊学」167特集「戦間期東アジアの日本語文学」 勉誠出版 pp126-137 掲載誌 発行年月:年08月 著者氏名(共著者含):大橋 毅彦. 「漂流者と回遊魚シイラをめぐる生態民俗-漂流記、難船絵馬―」『国際化時代を視野に入れた歴史・文化・教育に関する戦略的研究』(平成28年度広域科学教科教育学研究経費報告書 研究代表者 石井正己) 東京学芸大学石井研究室, pp. 文化人類学・民俗学的を専門に、接触領域(コンタクトゾーン)における観光・移住を含む人の移動と「権力」との関係を研究する。 (1)現代沖縄における祖先祭祀や墓制の「伝統観」と支配層(日本、米軍)による社会経済的変化を調査し、単なる. マリヤンの本を追って : 帝国の書物ネットワークと空間支配 (日本文学の翻訳と流通 : 近代世界のネットワークへ) -- (〈帝国〉の書物流通), 日比 嘉高, アジア遊学216号 (頁:243-259), 年. 年2月/職人の労働のエートス-象嵌職人の日記から/ソシオロジ/社会学研究会/ 54 巻3号/55- 70頁/査読有. 日本における「外国人」介護福祉士の就労と生活 (特集 介護福祉の国際化) 佐々木 綾子 地域ケアリング年8月 招待有り. 掲載種別:研究論文(学術雑誌) 共著区分:単著 記述言語:日本語.

特集「『グローバル人材』育成と国際理解教育」。 様々な教育プログラムが推進されているが、国際理解教育はどう向き合うべきか。 ユネスコ地球市民教育、海外日本人学校、国際バカロレア、スーパー・グローバル・ハイスクール等について理論と実践. ポストコロナ時代の東アジア(アジア遊学253. キーワード: グローバリゼーション, トランスナショナリズム, 労働移動, 戦間期, サラワク, 北ボルネオ(サバ) ジャーナル フリー 年 69 巻 3 号 p. 【対談】 日本人は妖怪がお好き. ,「現代宗教社会学の論争をめぐるノート-霊性・合理的選択理論・世俗化」『現代宗教』東京堂出版, 302-319. 学部生・院生へのメッセージ: 世の中のアヤシイものから深遠な思想まで扱える「宗教社会学」は、きっと新しい発見への手がかりとなる. アジア遊学 特集:現代日本をめぐる国際移動 国際委員会 中国における国際理解教育政策と実践の動向姜英敏 韓国国際理解教育学会 第17回韓国国際理解教育学会参加報告石森広美 新刊紹介 福山文子著『「移動する子どもたち」の異文化適応と教師の教育戦略』桐谷正信. 年代 年代 年1月/被差別部落の文化の研究-方法序説/部落解放研究/広島部落解放研究所/16号/65-84頁 査読有. 『上智アジア学 特集 日本におけるマグリブ研究』 (単著) /12: 40.

安積・岡原・尾中・立岩『生の技法 ─家と施設を出て暮らす障害者の社会学─ 増補改訂版』 (19950515,藤原書店)所収の「アジアの障害者に関する文献リスト」より。 『朝日新聞』 1993 「アジアの障害者母国の現状を語る」11月13日朝刊. 梅棹忠夫の生態史観 樺山紘一(印刷博物館館長) 「知的生産の技術」の今 久保正敏(国立民族学博物館). 藤原 帰一(ふじわら きいち、1956年(昭和31年)6月16日 - )は、日本の政治学者。 東京大学大学院法学政治学研究科 教授。 専門は国際政治学、比較政治学、フィリピン政治研究。 東京大学未来ビジョン研究センター長。. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 hiroshima・光州をめぐる記憶と連帯の表象 国際日本文化研究センター共同研究会「東アジア冷戦下の日本における社会運動と文化生産」主催. 特集 : 1940年代の地域社会と人の移動 : 日本帝国膨張・収縮期の地域社会 : 序 柳沢, 遊 三田学会雑誌 (慶應義塾経済学会) 107 ( 3 )年10月.

『現代インド地域研究』―課題と展望― 1: 特集: 「国際関係のなかのインド」 第3号特集の趣旨: 上田 知亮: 23: 中世ユーラシア世界の中の南アジア―地政学的構造から見た帝国と交易ネットワーク: 三田 昌彦: 27 「インドのスピリチュアリティ」と. ここ 2 ~ 3 年は、東南アジア島嶼部マレーシア領サバにおける人の国際移動にともなう民族の生成ないし再編成と、新生殖医療技術に関する社会・文化的対応の国際比較(シンガポール、マレーシアを担当)に取り組んでいます。. 略歴 東京都立大学社会科学研究科社会人類学専攻博士課程修了(年3月) 国立民族学博物館研究戦略センター機関研究員(年10月~年8月) 国立民族学博物館研究戦略センター助教(年9月~) 専門分野 社会人類学、漢族研究 研究のキーワード 景観、風水、都市、コミュニティ.

Women's Income-generating Work at Home and the New Media: A Tunisian Case. 国際高麗学会(日本支部). 所属 (現在):熊本大学,大学院人文社会科学研究部(文),教授, 研究分野:社会学,小区分08010:社会学関連, キーワード:社会統合,文化遺産,引揚げ,集合行為,都市暴動,社会運動,剥奪論,郊外,コンフリクト,国際人口移動, 研究課題数:7, 研究成果数:12, 継続中の課題:文化による都市再生とその社会的. 国際日本学研究院主催、国際日本研究センター比較日本文化部門共催『済州と沖縄をつなぐ』国際ワークショップ&講演会. キンメリオイおよびスキタイの西アジア侵攻 『西アジア考古学』4号. 03 ビロード革命30周年記念写真展. 際児」の日本国籍取得による日本社会への包含を目指した。1985 年、沖縄からの強い要望 もあって日本の国籍法は改正され、父系血統主義が両系血統主義に改まり、それ以降に出 生する「国際児」は、原則として母親から日本国籍が得られるようになった。.

84-85) 報告書. 論文 「アルジェリア・ムスタガネムの町とアラウィー教団のシャイフたち」『アジア遊学』 (単著) /04: 41. 特に年の移民の国際移動とジェンダーを扱った第1回シンポジウム“Migration, Gender and Labour in East Asia”の各報告は、その後の綿密な国際共同作業を経て、年にReiko Ogawa, L. 「 現代インド社会の諸相――見える/見えにくい変化 ( 特集:変わるインドと日本)」 ( 三田評論/年11月号 p. 第1部 ジェンダーで見る東アジア(少子高齢化の進む東アジア―「東アジアの家父長制」からの20年;現代日本の家族―食に見る近年の家族問題;現代韓国の専業主婦―女性の仕事と結婚の理想と現実;台湾におけるフェミニズム的性解放運動の展開―女性. 略歴 パリ第5大学大学院社会科学研究科第3課程修了。1995年より民博。 専門分野 文化人類学(西アフリカ研究) 研究のキーワード 西アフリカ、セネガル、ソニンケ 現在の研究課題 国際移動に関する人類学的考察─ソニンケの例 ─ 所属学会 日本文化人類学会、アフリカ学会.

略歴 筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科中退。1991年より民博。 専門分野 生態人類学 研究のキーワード 南アジア、ネパール、日本、マガール人、ヴィシュワカルマ・カースト、チャンテャル人、在留ネパール人労働者、生態人類学 現在の研究課題 在日ネパール人労働者の共同体と. , Gender, Care and Migration in East Asiaとして、英国のPalgrave Macmillan社. 江戸の三大改革と妖怪文化 香川雅信(兵庫県立歴史博物館). 長野県 上田市出身。 1982年3月、長野県立上田高等学校卒業。 1986年3月、東京外国語大学 外国語学部スペイン語学科卒業後、筑波大学 大学院修士課程地域研究研究科に進学。 メキシコ国費留学生(外務省)としてメキシコ国立自治大学国際関係センターで研究に従事した後、在ペルー日. 梅棹忠夫のあしあととひととなり 片倉もとこ(国際日本文化研究センター名誉教授).

国際日本文化研究センターオープンアクセス方針の英語版を公開しました。 /7/19 システムメンテナンスのため、 7/24(月)終日 、日文研オープンアクセスが 利用できません 特集:現代日本をめぐる国際移動 。. (一橋大学経済学研究科教授) 変遷するグローバルビジネスから見たデジタル経済課税ルールの課題: 青山 慶二 (21 世紀政策研究所研究主幹/千葉商科大学大学院客員教授) 国際課税における新たな協調枠組の分析 ――税のグローバルガバナンスをめぐる. ~ジェンダー視点からのアジア研究~ 国際社会学・現代東アジア社会・台湾社会を専門とする金戸幸子の教育研究活動等紹介ホームページです。グローバリゼーションのなかでのアジア社会の変化について、ジェンダーや生活者の視点に立った市民レベルのソフトな視点から捉えていくような.

26-29) 三田評論へ移動します. 「パレスチナ人の越境移動に関 する経験と意識-移動先の選択と動機のメカニズム-」『アジア経済』第 52 巻 1 号, () 髙岡豊との共著 「シリア人の国境を越える移動に関する意識と経験 ― 世論調査の計量分析から読み解く社会意識 ― 」『現代の中東. 国際移動とジェンダー研究 会 現代規範理論研究会 Transnational Commercial Surrogacy and the (Un)Making of Kin 研究会 招聘研究者21名119頁参照) ヨーロッパ アジア・オセアニア 日本国内 北米 米国:日本―アメリカ女性政治 Japan-America Women Political Scientists Symposium, JAWS). スキタイの馬 『アジア遊学』35(特集:天駆ける馬). 年3月/マニラの工場労働者-新労務層仮説の検証.

本科研は、複数地域を研究対象とする研究者による地域間比較や相互関連を重視したアプローチを用いることによって、グローバル化を経た世界各地の地域社会や政治の変容を実証的に検証し、それらが国内外を結ぶ格差の重層的構造によって結合されていること、その結果として加速する. 所属 (現在):慶應義塾大学,経済学部(三田),名誉教授, 研究分野:社会学,アジア史・アフリカ史,東洋史,日本史,地域研究, キーワード:インドネシア,東南アジア,第二次世界大戦,日本軍政,マレーシア,メディア,宣伝,Indonesia,日本占領期インドネシア,ジャカルタ, 研究課題数:18, 研究成果数:69. 国際情勢」)/経済連携協定(EPA)/自由貿 易協定(FTA)(外務省)/東 アジアにおける人の移動の法制度(JETRO)/ア ジアにおける人の移動の現状と課題—日本が採るべき道を探る—(日本国際交流センター)/WESTERN NATIONALISM AND EASTERN NATIONALISM, by Benedict. 貴志 俊彦(きし としひこ)は、日本の歴史学者、地域研究者。 京都大学東南アジア地域研究研究所教授、日本学術会議連携会員、日本学術振興会学術システム研究センター主任研究員、公益財団法人東洋文庫客員研究員。 研究分野は、20世紀史、東アジア地域研究、表象・メディア研究など。.

梅棹忠夫の「ビジョン力」 小長谷有紀(国立民族学博物館). 妖怪で遊ぶ江戸庶民 横山泰子(法政大学). 日韓文化交流基金は、日韓両国民間の文化交流を強化し、相互理解と信頼関係を築くことを目的に、1983年12月に設立されました。以来、両国民間の人的交流及び学術・文化交流を深めるための事業を実. 小松和彦(国際日本文化研究センター所長)&215;夢枕獏(作家) 妖怪らしさ 京極夏彦(小説家). 化物たちの暮らしぶり アダム・カバット(武蔵大学). ^宇野重昭さん死去:朝日新聞 ^ 重昭, 宇野「故宇野重昭名誉学長・名誉教授・北東アジア地域研究センター名誉研究員略歴・主要論文目録 ; 遺稿より」『北東アジア研究』第29巻、年3月31日、 issn。 ^ 平野・土田・村田・石編『インタビュー 戦後日本の中国研究』(平凡社、年)45頁 韓国ジャーナリズムと言論民主化運動 : 『ハンギョレ新聞』をめぐる歴史社会学 森, 類臣 日本経済評論社 年8月 (isbn:. 現代アフリカにおける土地と権力―土地法改革と急激な農村変容, 東京外国語大学 国際日本学研究 報告Ⅵ『日本―アフリカ関係を通したグローバル資本主義の批判的検討:土地、空間、近代性』,. 年度からは国際文化コミュニケーション学科に移籍し、新しい環境の中で日本文学研究を続けています。 年度以降の研究テーマは、①震災後文学(3.

高橋典史「インドシナ難民と仏教界――国際支援活動の胎動の背景にあったもの」大澤広嗣編『アジア遊学196 仏教をめぐる日本と東南アジア地域』 大澤広嗣 (担当:共著範囲:)勉誠出版 年03月 ISBN:.

アジア遊学 特集:現代日本をめぐる国際移動

email: ligab@gmail.com - phone:(997) 649-4108 x 5504

ダビスタの鉄人 - 成沢大輔 - リトルロボット

-> ウサハナ プリンセスブック - おーつるりーこ
-> 七〇歳年下の君たちへ - 五木寛之

アジア遊学 特集:現代日本をめぐる国際移動 - 日本の童話名作選


Sitemap 1

ハッピーパイロット - 栗原正 - ジェーン青森